お問い合わせお見積りはこちら

 
  • トップ
  • 更新情報
  • 「細菌とウイルスの違い」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

「細菌とウイルスの違い」  抹茶パウダー・製菓用抹茶はつぼ市

2020/07/21
 つぼ市の抹茶パウダー、ほうじ茶パウダー、業務用抹茶は茶鑑定士が厳選した確かな品質のものをお届けします。

業務用抹茶はこちら
 
今回は、「細菌とウイルスの違い」についてのお話です。
 どちらも非常に小さく、肉眼で見ることはできません。ちなみにブドウ球菌は、直径約1.0μmの球状の大きさとなります。
 では、それぞれの違いですが、細菌は細胞を持ち、自己複製能力を持った微生物となります。一方ウイルスは、細菌の50分の1程度の大きさでさらに小さく、また細菌と違うところは、自分で細胞を持たず、他の細胞に入り込んで生きる特性を持っています。ですのでヒトの体にウイルスが侵入すると、ヒトの細胞の中に入って自分のコピーを作っていきます。さらにウイルスが入り込んだ細胞は、破裂し、たくさんのウイルスを飛ばし、ほかの細胞に入りこみ、増殖していく特性があります。例外はありますが、治療法として細菌には抗生物質が有効ですが、ウイルスには、抗生物質の効力がありませんので抗ウイルス剤やワクチンが必要となります。
 まだウイルスが蔓延し、ウイルスに対応した抗ウイルス剤やワクチンがない中で、今できる感染しない対策は、やはり清潔に保つことのほか、自身の免疫力を低下させないことが大切となってきます。
 過剰に意識する必要は、ないですが、油断せずに手洗い、マスクなど基本的な対策を心掛けて行きましょう。
 

業務用抹茶はこちら

茶寮 つぼ市製茶本舗の情報はこちらから
→ 茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館
→ 茶寮つぼ市製茶本舗 なんば店  
 
 

PAGE TOP